« alain mikli(アランミクリ)の新作フレームが入荷 | トップページ | 忘れてはならないこと »

2013年5月23日 (木)

OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)のビンテージ感溢れるフレーム

 

 

先日アメリカで起きた竜巻。

ニュースで見ていたら、シェルターに入ったり、

バスタブに身を隠したりして竜巻が通り過ぎるのをじっと待ったようです。

想像しただけでも恐ろしいですよね。

天災って防ぎようがないですから、やはり事前の準備が大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日は OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)から

ビンテージ感溢れるフレームが入荷してきましたのでご紹介します。

 

 

 

 

 

 

Dsc05426

OLIVER PEOPLES Chessman BK/AG ¥36,750

 

 

 

レンズが入るプラスチック部分と

フレームの骨格となるチタンで構成される

コンビネーションと呼ばれるタイプ。

通常この手のタイプはテンプルが細めのモノが多かったりするのですが、

この Cheesman は太めに作られていてまた違った雰囲気です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc05427

Dsc05428

 

 

テンプルやブリッジの金属部分に施された

細かい装飾がフレームの高級感を高めています。

こういう装飾ってかなりの手間がかかるので

やっているブランドって結構少ないんですよね。

 

そして、テンプル部分、ブリッジ部分の金属パーツと

レンズが入るプラスチックの枠の部分は

全て独立していて、それをビスでつなぎ合わせています。

 

これも一体成型のフレームなどが多い中、

非常に稀有な作りになっています。

 

さすがオリバーピープルズ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc05476

OLIVER PEOPLES Gene BK/P ¥42,000

 

 

 

 

そしてコチラはサーモントブロータイプ。

今回のコレクションの中でハイエンドに位置づけられるモデル。

もちろん金属部分はチタン製で

見た目のクラシカルな感じとは違い高い耐久性があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dsc05478

 

 

ブロー部分がなだらかに傾斜していて

クラシカルな中にもどこか洗練された雰囲気があるのが不思議。

テンプル部分は弾力性の高いベータチタンが

用いられていて見た目とは裏腹な柔らかい掛け心地。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビンテージな雰囲気や職人の技を大切にして

カッコ良くてオシャレなフレームを作りだしてくる

OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)。

今回のコレクションもより磨きがかけられています。

 

是非、店頭にてお確かめください。

 

 

 

 

 

 

 

 

Gafasではブログと連動してツイッターでもつぶやいております。

http://twitter.com/gafasinfo

「gafasinfo」で検索してみて下さい。

よろしければフォローして下さい。

 

それでは、今日はこのへんで。 

 

 

 

 

 

 

Gafas

 

Palacio de Gafas ヨコヤ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらまでどうぞ。

〒010-0041 

秋田県秋田市広面字宮田19-1 

Phone 018-836-6701 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


« alain mikli(アランミクリ)の新作フレームが入荷 | トップページ | 忘れてはならないこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193377/57442691

この記事へのトラックバック一覧です: OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)のビンテージ感溢れるフレーム:

« alain mikli(アランミクリ)の新作フレームが入荷 | トップページ | 忘れてはならないこと »