« ザフザフ後凍結 | トップページ | 999.9(フォーナインズ)のハイエンドモデルが入荷。 »

2014年1月28日 (火)

微妙な時期の帰郷

 

東京に住んでいる友人が

お正月でもお盆でもない今時分に帰郷してきました。

そういうところが私の友人といった感じです(笑)

 

 

 

 

どうやら仕事がかなり忙しかったらしく

時期をずらしての帰郷だったようです。

なんにしてもお互い元気でやってるっていうのは良い事ですね。

 

秋田の友人も含めて

晩御飯を食べながら

他愛もない話をしてきました。

そういう時間も大切ですよね。

 

 

 

 

 

 

さて、本日は OAKLEY(オークリー)から

新入荷フレームのご紹介です。 

 

 

 

 

Dsc06373

OAKLEY GASSER0.5 Tumbled Chrome ¥39,900

 

 

 

 

 

1950年代にドラッグカーレースで活躍した

ホットロッドと呼ばれるカスタムカーを

モチーフにしてデザインされたギャッサーというモデル。

強固なチタニウムを素材にした

無骨なデザインもまたオークリーらしいです。

 

 

 

 

Dsc06375

Dsc06377

 

 

 

当然、テンプル部分には

オークリーを象徴するアイコンが配置されています。

フレームはチタン製なので

かなりガッチリしたものですが、

スプリングヒンジを搭載することで頭部への圧迫を軽減しています。

耳にかかる部分には汗などの水分を吸収して

よりフィットするアンオブタニウム素材のラバーが装着され

オークリーらしい掛け心地に仕上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

Dsc06370
 

OAKLEY BLENDER 6B Satin Black ¥25,200

 

 

 

サングラスとしてのブレンダーが人気を博し、

機能や作りはそのままにメガネとしてリデザインされたブレンダー6B。

キレイに曲線を描くフロントラインは

オークリーの最も得意とするところ。

フレームをカーブさせる事で広い視界の確保が可能になっています。

 

 

 

 

Dsc06371

 

フロント部分はオークリー独自の配合によって生み出される

C-5合金が採用されています。

このモデルの特徴は

テンプルの素材がサングラスと同じ

耐衝撃性に優れ軽量のオークリー社独自のプラスチックである

オーマターが使用されているところ。

オーマターを使用したフレームとしてクロスリンクがありますが、

フロントがシャープなメタルのタイプでしたら

このブレンダー6Bがオススメです。 

 

 

 

 

スポーツサングラスとして有名な

オークリーですが、メガネフレームもファンの方が多いですね。

オークリーらしいカッチリとした掛け心地や

顔にフィットするようにカーブしたフロントなど

オークリーらしさがあるからだと思います。

 

クロスリンクシリーズも良いですが、

オプサルミックシリーズも是非掛けてみて下さい。 

 

 

 

Gafasではブログと連動してツイッターでもつぶやいております。

Twitter Palacio de Gafas

「gafasinfo」で検索してみて下さい。

よろしければフォローして下さい。

Facebookのページははコチラです。

Facebook Palacio de Gafas

是非、「いいね」をクリックして下さい。

  

それでは、今日はこのへんで。

 

 

 

 

Gafas_2

 

Palacio de Gafas ヨコヤ 

 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらまでどうぞ。

〒010-0041 

秋田県秋田市広面字宮田19-1 

Phone 018-836-6701 

 

 

 

 


« ザフザフ後凍結 | トップページ | 999.9(フォーナインズ)のハイエンドモデルが入荷。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193377/59020718

この記事へのトラックバック一覧です: 微妙な時期の帰郷:

« ザフザフ後凍結 | トップページ | 999.9(フォーナインズ)のハイエンドモデルが入荷。 »