« 3連休 | トップページ | PROPO DESIGN(プロポデザイン)の秀逸フレーム »

2014年10月16日 (木)

レンズチェンジ

 

寒くなってきたのでそろそろ絨毯を敷きたいと考えています。

今使っているのが劣化してきたので

新しいものにしようかと家具屋さんに行ってみましたが、

良さ気なのはあったものの、

サイズを調べるのを忘れていました........。

 

 

 

 

 

 

今日は商品紹介ではなく

レンズの事を書こうかと思います。

 

事の始まりは

釣りに行く前の準備で糸を結んでいた時。

超近距離で見ていたせいもあるのですが、

なんだかぼやけて見える.......。

少し離して見るとしっかり見えたんですけどね。

 

あまりに気になって

広面店のAクンに視力を調べてもらいました。

遠く用の度数(近視)は問題なし。

そして、加入度と呼ばれる老眼の度合いを調べた後.......。

見事に老眼が入ってきていました。

 

認めたくない気持ちもあったのですが、

そこはプロですので潔く

「そういうトシか、じゃあ見やすいレンズで一本作ってみよう」

となり、ビジョンサポートレンズで作ってみました。 

 

 

 

Dsc07267

 

ビジョンサポートレンズを入れたのは

コチラの alain mikli(アランミクリ)です。

気に入っていたフレームだったのですが、

知らないうちにレンズに傷が入っていて

しばらくお蔵入りしていたのを復活させました。

 

 

 

 

 

Dsc07266

 

 

見た目はとっても普通です。

レンズの中に境目があったりもしません。

最近、「ビジョンサポートってどういうレンズですか?」

と聞かれる事も多くなってきましたが

では、ビジョンサポートってどういうレンズ?

いつも絵心の無い絵でご説明するのですけど........。

 

 

 

Images_3

 

 

 

 

いや~、私の絵と違って非常に分かりやすい!!

レンズの上側にいつもの遠くを見る度数が入っていて

目線を下げた時に使う下側に少し弱い度数が入っているのです。

 

遠くをハッキリ見る場合は近視の度数を上げますが、

近くを見たい時はその逆で少し度数を落とすんです。

そうすると近くが見やすくなるんですね。

 

実際に使ってみた感想は、

「これはかなり見やすいですし、楽です!!」

一番気になっていた近くのぼやけも無くなり

自然に目線を下げるだけで楽に見えるんです。

これは初めて近視矯正のメガネを作って掛けた時以来の感動がありました。

 

ビジョンサポートレンズって

遠近両用レンズと近視用レンズの中間のような位置づけですが、

近く用の度数が必要無い方でも

パソコンの作業が多い方にはオススメですよ。

長時間パソコンの画面(近距離)を見ていると

眼の筋肉を酷使するので疲れたりするんですよね。

 

 

Gafasでは¥16,000(税別)から

ビジョンサポートレンズを取りそろえております。

もちろん見え方を体験していただくテストレンズもありますから

どんな見え方をするのか試してみたいという方は

是非、一度掛けてみて下さい。

 

 

 

Gafasではブログと連動してツイッターでもつぶやいております。

Twitter Palacio de Gafas

「gafasinfo」で検索してみて下さい。

よろしければフォローして下さい。

Facebookのページははコチラです。

Facebook Palacio de Gafas

是非、「いいね」をクリックして下さい。

  

それでは、今日はこのへんで。

 

 

Gafas

 

Palacio de Gafas ヨコヤ 

 

 

 

お問い合わせはこちらまでどうぞ。

〒010-0041 

秋田県秋田市広面字宮田19-1 

Phone 018-836-6701  

 

 


« 3連休 | トップページ | PROPO DESIGN(プロポデザイン)の秀逸フレーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193377/60489420

この記事へのトラックバック一覧です: レンズチェンジ:

« 3連休 | トップページ | PROPO DESIGN(プロポデザイン)の秀逸フレーム »