« レンズチェンジ | トップページ | 初の試み »

2014年10月20日 (月)

PROPO DESIGN(プロポデザイン)の秀逸フレーム

 

今日から店長伊藤は東京出張へ。

メガネの国際展示会、IOFTが行われておりますので

新作の仕入れの為に行っております。

私も行きたいところではありましたが、今回も店頭におります(苦笑) 

 

 

メガネ界も熱いですが、

今時期、私の中で最も熱いのはイカ釣り。

ルアーを使ってアオリイカを釣るエギングというやつです。

秋はたくさん数が釣れるはずなのですが、

なぜだか今年は釣れない。

 

どうしたものかと思い

釣具店を営む友人に聞いてみたところ

やはり今年は不調の年のようです。

 

あまりに釣れ具合が気になって

お客様でエギングをやるという方皆様に聞いてまわってますけど(笑)

皆さん苦戦しているようですねぇ。

もうすぐ海も荒れてくるので

エギングに行けるのもあと少し。

出来ればもう一回ぐらい行きたいものです。 

 

 

 

 

 

さて、本日は PROPO DESIGN(プロポデザイン)から

カッティングが秀逸なブラックフレームをご紹介します。 

 

 

 

 

Pd212_64

PROPO DESGIN PD-212 64 ¥25,000(税別)

 

 

 

洗練された中にもどこかクラシカルな雰囲気があるモデル。

形的にはウエリントンをベースにしたフォックスと言った感じ。

パッと見アクが強そうな感じですけど、

実際に掛けてみるとキレイに顔に馴染むんです。

 

 

 

 

 

Pd212_642

 

なんといってもこのブランドの特徴は

こだわり抜いたカッティングにあります。

フロント部分の上を斜めにカットを入れる事で

ブラックフレームでも重くなり過ぎず、

光の当たる角度で表情が変わります。

 

 

 

 

 

Pd219_64

PROPO DESGIN PD-219 64 ¥27,000(税別)

 

 

 

 

コチラもブラックフレーム。

先程のPD-212よりも少し小ぶりです。

小ぶりと言っても存在感があるフレームですね。

 

 

 

 

Pd219_64_2

 

コチラは滑らかなカッティングが特徴的。

直線的なカットだとエッジが効いていてシャープに見え、

滑らかなカットだと柔らかい印象になります。

 

 

一般的なクロブチだと

実際に掛けてみると結構印象が重くなってしまったりしがちですが、

今回ご紹介したようにフレームにカットが入っているものだと

黒の単色でも重くなり過ぎるという事がありません。

 

角度によって表情も変わるので

単調にならないんですよね。

 

それにしてもプロポデザインのカッティングは

計算されているだけあって素晴らしいですね。

 

是非、一度掛けてみて下さい。

 

 

 

 

Gafasではブログと連動してツイッターでもつぶやいております。

Twitter Palacio de Gafas

「gafasinfo」で検索してみて下さい。

よろしければフォローして下さい。

Facebookのページははコチラです。

Facebook Palacio de Gafas

是非、「いいね」をクリックして下さい。

  

それでは、今日はこのへんで。

 

 

 

 

 

 

 

Gafas

Palacio de Gafas ヨコヤ  

 

 

 

 

 

 
お問い合わせはこちらまでどうぞ。

〒010-0041 

秋田県秋田市広面字宮田19-1 

Phone 018-836-6701

 

 

 

 

 

 


« レンズチェンジ | トップページ | 初の試み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193377/60517412

この記事へのトラックバック一覧です: PROPO DESIGN(プロポデザイン)の秀逸フレーム:

« レンズチェンジ | トップページ | 初の試み »