« OAKLEY(オークリー)の新レンズカラー | トップページ | レスザンヒューマンの再入荷フレーム »

2015年3月17日 (火)

オークリー PRIZM(プリズム)レンズの見え方

 

今日は春のような陽気ですね。

間違ってアウターを着てきたらちょっと暑いぐらいです(汗)

こんな日はどこかに行きたいですねぇ。

 

 

 

そういえば、夜に外にいると

「クェ~」っと鳴き声が聞こえて

何かと思って見まわしてみると

白鳥がキレイに隊列をなして飛んでいました。

暖かくなってきたので

どこか寒い所に移動しているんですね。

日に日に春の訪れを感じます。

 

 

 

 

春の訪れと言えばいろいろなスポーツでシーズンインしますけど、

昨日ご紹介したオークリーのプリズムレンズを使用した場合の

見え方の違いをご紹介したいと思います。

動画でご紹介って書いてましたけど、

画像でご紹介します。(画像の方が分かりやすかったので)

 

 

 

Photo

 

まずは裸眼の状態。

当然の事ながら色調の変化はありません。

 

 

 

Light_grey_pola

続いて人気の高い Light grey Polarized(ライトグレイポラライズド)

色調の変化が少なく

裸眼に近い見え方をしています。

もちろん路面の反射を抑えてくれます。

 

 

 

 

 

Prizm_dairy_pola

 

コチラは Prizm Daily Polarized(プリズムデイリーポラライズド)

グレーベースですが、少し赤みが入るので

コントラストが生まれます。

カラーとしてはウォームグレイに近い感じですね。 

 

 

 

 

Prizm_golf

お次は Prizm Golf(プリズムゴルフ)

本来はグリーンなど芝で分かりやすいのですが、

今回は見え方のサンプルという事で同じ条件で撮りました。

慣れると使いやすいのがコントラストレンズの特徴です。 

 

 

 

Prizm_baseball

 

 

どんどんいきます。

お次は Prizm Baseball(プリズムベースボール)

アスファルトの明るさが抑えられ、

白線が際立って見えますね。

 

 

Prizm_road_2

 

 

おそらく今回のテストで一番分かりやすいと思われるのが

コチラの Prizm Road(プリズムロード)

アスファルトにある凹凸が分かりやすくなっています。

これなら自転車やランニングでも安心して使えますね。

 

 

 

 

Prizm_trail

 

最後に Prizm Trail(プリズムトレイル)

私の体感としては一番明るく見えました。

光量が少ない所でも視界を確保してくれそうです。

 

 

 

ずら~っとご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

実際に用途に合わせた場所で使っていただくと

より効果がハッキリとします。

 

やはりカメラだと限界がありますし、

見え方の個人差もありますから

店頭で実際にご覧いただくことをオススメします。

今回はあくまでもレンズカラーの比較って事で。

 

是非、実際に見てみて下さい。

 

 

Gafasではブログと連動してツイッターでもつぶやいております。

Twitter Palacio de Gafas

「gafasinfo」で検索してみて下さい。

よろしければフォローして下さい。

Facebookのページははコチラです。

Facebook Palacio de Gafas

是非、「いいね」をクリックして下さい。

  

それでは、今日はこのへんで。

 

 

 

 

 

Gafas

 

Palacio de Gafas ヨコヤ 

 

 

お問い合わせはこちらまでどうぞ。

〒010-0041 

秋田県秋田市広面字宮田19-1 

Phone 018-836-6701  

 

 

 


« OAKLEY(オークリー)の新レンズカラー | トップページ | レスザンヒューマンの再入荷フレーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193377/61295967

この記事へのトラックバック一覧です: オークリー PRIZM(プリズム)レンズの見え方:

« OAKLEY(オークリー)の新レンズカラー | トップページ | レスザンヒューマンの再入荷フレーム »