« DIFFUSER(ディフューザー)の携帯ドライバー | トップページ | PROPO DESIGN(プロポデザイン)の名作が復活 »

2015年10月27日 (火)

999.9 20th Anniversary Collection

 
あまりに朝晩が寒いので
 
我慢できずにストーブを稼働させております。
 
ブルブル震えて風邪でもひいたら大変ですからね。
 
 
 
 
 
 
 
こう寒くなってくると
 
乾燥もひどくなってきます。
 
あまりに空気がカラカラだと
 
ノドが痛くなったり唇がカサカサになったりします。
 
そうなると加湿器とリップクリームの出番ですね。
 
いや~、冬が近づいてきたという感じです。
 
 
 
 
 
さて、本日は創立20周年を迎える 999.9(フォーナインズ)から
 
20th Anniversary Collectionが入荷してきましたのでご紹介します。 
 
 
 
 
 

Dsc09129

999.9 NP-05 690(ダークブラウンササ) ¥34,000(税別)

 

 

 

フォーナインズのプラスチックフレームを

牽引してきたNP(ネオプラスチックフレーム)。

今回の新型は今のデザインバランスで構成され、

メタルフレームの機能性を組み込むことで

プラスチックフレームの新価値を創造しています。

 

 

 

 

Dsc09131

 

 

フォーナインズフレームのアイコンともいえる

逆アールヒンジパーツももちろん搭載され、

フレームにかかる負荷を最小限に抑えた

NPシリーズ専用設計となっています。 

 

 

 

 

Dsc09132

Dsc09133

 

 

ノーズパットはクリングスと呼ばれる

金属の足がついているので細かい調整が可能です。

コチラも専用設計になっていて

金属のパーツが極力目立たなく仕上げられ、

プラスチックフレームの持つ雰囲気を損なっていません。

 

ノーズパットの芯の金属部分と

テンプルエンド部分にあしらわれたオーナメントは

フォーナインズ20周年を象徴する

「七宝文」になっています。

 

※七宝文とは?

重ね合わせた円で構成され、

その日本古来の文様には

「円(=縁)が永遠に繋がって、やがて円満な関係を築いていく。

そして、四方八方に広がる人と人との縁は、七つの宝に等しい。」

 

 

Dsc09136

999.9 NP-05 88(クリスタルスモーク) ¥34,000(税別) 

 

 

 

 

 

Dsc09135

999.9 NP-05 9034(ブラック×カモフラージュカーキ) ¥34,000(税別)

 

 

 

 

まずはご覧の3色が入荷してきました。

フロントのブリッジ部分がフラットに仕上げられ、

今までとはまた違った雰囲気の NP-05。

 

フォーナインズ20周年のテーマである

「繋がろう、みんなで。繋げよう、未来へ。」

という想いが込められ、それを表現するモチーフの七宝文。

 

掛け心地、耐久性、デザインという要素が

高次元で達成されているフォーナインズのフレーム。

革新的な技術や機能を取り入れ、

今もとどまることなく進化を続けています。

 

是非、店頭にてその質感をお確かめください。 

 

 

 

Gafasではブログと連動してツイッターでもつぶやいております。

Twitter Palacio de Gafas

「gafasinfo」で検索してみて下さい。

是非、フォローして下さい。

Facebookのページははコチラです。

Facebook Palacio de Gafas

「いいね」「シェア」をお願いします!!

  

それでは、今日はこのへんで。

 

 

 

 

Gafas

 

Palacio de Gafas ヨコヤ 

 

 

 

お問い合わせはこちらまでどうぞ。

〒010-0041 

秋田県秋田市広面字宮田19-1 

Phone 018-836-6701

 

 

 

 

 


« DIFFUSER(ディフューザー)の携帯ドライバー | トップページ | PROPO DESIGN(プロポデザイン)の名作が復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/193377/62560481

この記事へのトラックバック一覧です: 999.9 20th Anniversary Collection:

« DIFFUSER(ディフューザー)の携帯ドライバー | トップページ | PROPO DESIGN(プロポデザイン)の名作が復活 »